「良い家」を作るために

いい家、とは、どのような家のことでしょうか。
見た目がカッコ良い家、室内の設備が充実している家、エコロジーな家、など、
人によって様々な意見があることでしょう。
これらは突き詰めると一つの明確な答えを導き出します。
それは、「そこに住まう人が満足できる家」です。
家はとても大きな買い物ですから、一生に一度の買い物という人も少なくないでしょう。
だからこそ、一生住み続けたいと思えるような家を作るための労力を惜しんではいけません。
納得できない点に妥協してしまえば、後々の後悔にも繋がりかねません。
一つ一つ納得した上で進めていくことが大切なのです。
家を作るということは、これからの未来を作るということ。
自分の夢や希望を形にした、満足できる家づくりをしましょう。

家は大きな買い物であり、気軽に買い替えられるような代物ではありません。とはいえ、失敗することも往々にしてあります。それでは、失敗しないポイントはどこにあるのでしょうか。

・・・つづきはこちら

木の家が欲しいと思っている人は多いと思いますが木の家といっても、木には天然無垢材と集成材の二種類があります。それぞれの特徴やメリット・デメリットなどについてご紹介します。

・・・つづきはこちら

注文住宅を建てるにはハウスメーカー、工務店などの建築業者に依頼すると思われますが、違いが分からない方も多いことでしょう。それぞれの違いと良い建築業者の選び方をご紹介します。

・・・つづきはこちら

スイスで誕生した天然漆喰でもあるカルクウォールやカルククリームは、湿度を調節する効果や消臭効果もあるため、気分よく過ごすことができます。人間にもやさしい素材です。

・・・つづきはこちら

家の壁に珪藻土を用いることでカビやダニを抑える効果があるとされています。健康的に暮らしていきたいなら使用したい素材でしょう。また防火効果があるというのも嬉しい限りです。

・・・つづきはこちら

戸建て住宅のトレンドを探ることによって、どのようなデザインにすべきか見えてくるでしょう。自分が希望するデザインを取り入れてくれる建築士を探すことも大事なことです。

・・・つづきはこちら

シックハウス症候群で悩んでいるケースもありますが、自然素材の建材などを用いることでそれを防ぐことができるでしょう。とても住みやすくなり、快適な住環境が整います。

・・・つづきはこちら

高断熱高気密は光熱費を軽減し省エネ対策を実現する設備ですが、建築コストがかかるというデメリットもあるため導入する際は予算と比較検討してから決めていくといいでしょう。

・・・つづきはこちら

注文住宅の中には天然木を使用した健康住宅というものがあります。これは天然木の特徴を活かすことで花粉症などのアレルギーを緩和して人体への影響や負担を軽減するという特徴があります。

・・・つづきはこちら

FP工法とは日本の在来工法やツーバイフォー工法を組み合わせた工法です。断熱パネルを柱と柱の間に組み込んで構造部分と一体化させているため、地震が起こっても丈夫なのが特徴的です。

・・・つづきはこちら

森林浴をするとすがすがしい気分になりますが、これはフィトンチッドという物質の影響です。天然木を使った家もフィトンチッド効果があるため、自律神経が安定し心身ともに健康になります。

・・・つづきはこちら

高断熱高気密の建築はメリットがたくさんある一方でデメリットも存在します。風通しが悪く、息苦しくなってしまうのです。それを解消するためには、換気システムを整えることが重要です。

・・・つづきはこちら

オープンキッチンはダイニングとの行き来が楽になるだけでなく、キッチンに居ながらにして子供の様子を見られたり家族とのコミュニケーションが取れたりと孤立感から解放されることでしょう。

・・・つづきはこちら

高断熱高気密住宅に安心して住むために知っておきたい関連法規は、「建築基準法」「品確法」「省エネルギー法」の三つです。この中の基準をクリアすると、税金の軽減や控除などが優遇されます。

・・・つづきはこちら

新しい家はオープンキッチンにしたいという人は多いでしょう。オープンキッチンのデメリットを知ることこそ、憧れのオープンキッチンを成功させる秘訣ではないのでしょうか?

・・・つづきはこちら