耐震住宅

阪神大震災を契機として日本の住まいの耐震性が見直されてきました。

震災における調査結果から耐震対策を整理要約すると、

  1. 壁率の大きい家は地震に強いです。壁率は単位床面積あたりの壁の量で、要は壁が多いほど強く、開口部が少ないほど耐震性は良くなると言えます。
  2. ※壁率とは、水平力に対する建物の安全性を確保するために、地震力と風圧力に対して、最小限必要な耐力壁量 ( 水平長さ ) を定めたもの。耐力壁の水平長さを( cm )を床面積または見附面積 1 ㎡あたりの数値として表します。

  3. 壁の配置は上下方向の重なりも重要で、二階に壁を設けたら一階にも壁を設けることです。柱の位置もそろってきて、上下方向の力の伝わりも良くなります。

  4. 床に強さ(剛性)があり、ひし形に変形しにくい構造であることです。
  5. どんなに壁が丈夫でも床に強さがなければ、建物全体では耐震性にはなりにくいです。

  6. 設計施工の監理システムがしっかりしており、現場任せにならず、設計通りに施工が確実に行われているかどうかの検査監理体制が重要です。

弊社が手掛ける高断熱・高気密の住まいは、日本古来からある木造軸組工法の柱と梁の構造の骨組みに外壁周りは柱と柱の間に、 ウレタン断熱パネルを組み込み、また1 F 床面に敷きこむことで家が箱構造となり、軸組みの長所を生かしながら、一般工法より強い剛性を備えた建物が出来上がります。壁構造になります。

アセットフォーでは、全棟 構造計算をしております。
(建築基準法では、2階建に構造計算に義務付けはありません。)

構造設計の手順(木造軸組工法)

1

構造計画:プランに対して、柱、土台、梁、の位置を計画する。

2

構造計算ソフトを用いて解析及び許容応力度計算を行う。

・耐力壁の設計(地震時、台風時、偏心率)
・部材の設計(柱、梁、土台)
・引き抜き力の算定及び、それに見合った金物の選定
・垂木、母屋、棟木、基礎、スラブの設計

以上がおおまかな手順です。


構造計算をするにあたり

耐震等級をお客様に選んでいただくことができます。 ただし、耐震等級をご指定いただく場合は、間取りにより制約を受けるため、 早い段階での検討が必要になります。 弊社では耐震等級2を目標に家造りのベースをお造りし、間取りが決定した段階で構造計算をさせていただきながら、可能であれば、構造用合板や金物を増すことで耐震等級3のご提案もさらにさせていただいております。

「日本住宅性能表示基準/構造の安定に関すること」より
=地震に対する構造躯体の倒壊、崩壊のしにくさ= について

耐震等級3

極めて稀に(数百年に一度程度)発生する地震による力(建築基準法施行令88条第3項に定めるもの)の1.5倍の力に対して倒壊、崩壊等しない程度

耐震等級2

極めて稀に(数百年に一度程度)発生する地震による力(建築基準法施行令88条第3項に定めるもの)の1.25倍の力に対して倒壊、崩壊等しない程度

耐震等級1

極めて稀に(数百年に一度程度)発生する地震による力(建築基準法施行令88条第3項に定めるもの)に対して倒壊、崩壊等しない程度


断熱材のウレタンパネルは入っていないものとして上記に条件をクリアするように構造設計いたします。実際には、壁内に硬質ウレタンパネルが入るため、上記の条件をさらに上回る強度が期待されます。

尚、構造計算は、構造計算専門の下記 設計事務所に依頼しております。
ポラテック(株) プレカット事業部 一級建築士事務所

その他、当社ではご希望により、 制震システムも取り入れております。ご相談ください。