大手ハウスメーカーなどは展示場に来場してくれたお客様に正しく建物を理解・納得していただく前に、営業マンのテクニックでより早く契約を迫るのが実状です。とにかく受注することを一番の目標においている会社が多いことは事実です。
お客様は商品(建物や間取り、仕様)をよく理解しないで契約してしまうので、契約後、多くの変更追加工事が生じて多額の追加を請求され、契約した時は安いと思って契約したが、結局最終的にはかえって高い買い物になってしまい、お客様は、「まあこんなもんか」と納得してしまっているケースが実は多いのではないでしょうか?

当社ではお客様のご要望に応じた家造りをするために、間取りはもちろん外観、内装、設備など使用部材の選択についてお客様と納得ゆくまでお打ち合わせを行っています。 当然ご予算もあってのことですから、御見積も何度もお出ししています。 特に間取りについては、こんな方法も、あんな方法もあるのではないかと当然迷われると思いますので、ご納得いかれるまで何度でも図面を引きます。
今までの例ですと、ご契約前、ご契約後 あわせて図面変更を20~30回は当たり前にお受けしています。いろいろ考えて最終的にまたもとの図面に戻ってしまうなんていうこともあります。でもそれでもいいのです。 いろいろな経過を得て最終的にたどり着いたものがお客様にご満足いただけるものであれば、私たちはいくらでもお手伝いしたいと考えます。

また、キッチンや浴室やトイレ、洗面化粧台などもシューズクローゼット、商品選定のためにメーカーのショールームなどに一緒に参ります。
メーカーも雑誌やカタログにでているどこのメーカーでも自由にお選びいただけますので、特に奥様方、女性に大変喜ばれております。すべてにおいてご納得いただいてからの工事の着工になります。

本当の家造りは、建物にお客様の生活を合わせるのではなく、ご自分の価値観・生活習慣・夢・希望に合った建物をつくることだと思います。

ご着工前のお打合せを急がず、ゆっくりと慎重に行うことが大切です。

腰壁を利用した
ビデオ収納棚
造り付キッチンカウンター シューズクローゼット