I邸(板橋区中台)ビルトイン車庫付3階建て

 

平成29年4月引渡
土地/18.88坪 
延床/28.76坪
3階建て 5人家族 
低炭素認定住宅

C値 0.3c㎡/㎡
U値 0.49W/㎡K
η値 1.7

 

Gallery

  • 日常の生活はワンフロアで完結するように、LDK、洗面・浴室などの水回りを2階に集約。東側にはバルコニーも設けて、洗濯物をほかの階へ運んで干す手間を省いた家事らく設計に。床は風合い豊かなチークの無垢材を採用している

  •  

  • キッチンから眺めたリビング。 階段部分に設けた格子がアクセントになっています。

  • 階段室との仕切り壁を格子にすることで、光と風、視線を通す工夫をしている。階段格子は自然塗料リボス「カルデット」のウォールナット色で塗装

  •  

  • ダイニング側に設けたカウンター下オープン収納。 ちょっとした物を置くのに便利です。

  • 玄関は駐車場に面した壁に縦長の窓を2つ並べて、プライバシーを守りながら、廊下まで明るく設計。左側の窓は赤茶色の木製サッシを用いて温かみのあるアクセントに。窓の前には、小物を飾れるカウンターを造作。電動自転車用バッテリーも置ける奥行でコンセントも設置した。左側の壁にはあえてへこみをつくり、カバンを吊るす収納スペースとして計画

  • 防火木製サッシ「Kikoのまど」記念に完成年月を掘り込みました。

  • 玄関ホール横のシューズクローク。家族5人分の靴をバッチリ収納できます。 傘掛け用のパイプも取付ました。

  •  

  • お子さんは3姉妹。朝の身支度が混雑しないよう、脱衣所と洗面コーナーをわけ、脱衣所にはパウダーコーナーを設けた

  • トイレ、洗面コーナーは建物の凹凸を活かして配置。どちらも窓を設けて明るく気持ちよい空間に

  • 3階には3つの子ども部屋を配置。どの部屋も屋根なり天井にして、小さくても開放感のある空間になるよう配慮。床はすべて無垢材なので、おもちゃを広げて遊ぶときも快適

  •  

  •  

  •  

  • 建物を雁行させ、三角形の敷地を最大限に活用したI氏邸。外観は白いジョリパット塗り仕上げに、黒のサッシを組み合わせたモダンなデザインに。ビルトインガレージ部分の壁を格子にして、駐車スペースの奥にある玄関まで光を届けるよう工夫されている

  •  

お客様の声

3人のお子さんの成長を機に家づくりを行ったIさんファミリー。「工務店やハウスメーカー、設計事務所を検討した中で、担当者が女性建築士で要望などを何でも言えたのがアセットフォーでした」と夫人。18.9坪の変形地という制約の多い敷地を、無駄なく活かした設計で、3人のお子さんそれぞれの個室やビルトインガレージもある3階建て4LDKを実現した。変形地ゆえに生まれる建物の凹凸も、収納スペースにするなど、巧みに利用されている。「プラン完成まで何度も図面を描いて、希望の間取りをかなえてくれました。建築中もこれからも、担当者に電話すれば対応してもらえるので安心。地元の会社ならではのよさですね」。FP工法による高断熱・高気密のすぐれた住宅性能も、日々実感しているそう。「開放的な間取りですが快適に過ごしています。夏はエアコンをつけ放しにしていましたが、電気代も節約できて嬉しい驚きでした」と夫人。