練馬区東大泉5丁目の『FPの家 N邸』で基礎配筋検査を行いました。

昨日、練馬区東大泉5丁目の『FPの家 N邸』で基礎の配筋検査を行いました。

瑕疵保険の検査員との立会時間は16時~。

少し早めに行って、結束線屑でも拾おうかな・・・。

そう思い、15時過ぎに現地に到着しました。

あれ

誰かいる

どうやら、JIOの検査員のようです。

1時間も早いのに、既に検査を始めています・・・。

「こんにちは

「早く着いてしまったので、早めに始めていました。」

「検査を続けても宜しいでしょうか

(すでに始めているじゃん

(ダメと言ったら、待つのかな

とは思いましたが、素直に従う事にしました。

「ハイ、宜しくお願いします

でも、まだ基礎屋さん到着していないんです。

万が一手直しが必要になった時のために、呼んでおいたのに・・・。

45分もかけて、しっかりと検査をして頂きました。

「大変すばらしい現場です。」

「指摘するところもありません

「みんなが、この位キチンとしていれば良いんですけどね・・・。」

リップサービスの積りなんでしょうが、最後は愚痴混じりでした・・・。

検査無事終了

明日のコンクリート打設も問題ありません。

検査員を見送った後、現場に駆けつけてくれた基礎屋さんと結束線屑を拾いました。

こんな感じに、所々に結束線の屑が落ちているんです。

こんな磁石を使って、拾います。

結構落ちているんですよね。

事前に基礎屋さんも拾ってくれています。

それでも、この位落ちているんです。

鉄筋の陰で意外と見にくいんです。

色々な方向から見ないと、ついつい見落としてしまいます。

かぶり厚さの確保は、基礎の耐久性を高める上で重要です。

せっかくかぶり厚さを確保しても、捨てコンと鉄筋の間に結束線屑があれば、これから錆びが回るかしれません。

打設前の屑拾いって、意外と重要なんです。

同様に結束線の端部が、型枠側に伸びていないかどうかもチェックします。

もちろん出ていれば、鉄筋に巻き付けるようにします。

こうした細かいチェックは、配筋検査では行いません。

自分でやるしかないんです・・・。

ちなみに基礎屋さんは、屑をジャンク屋に持って行って換金するそうです。

呑み代の足しにでもするのかな・・・。

明日の打設に備えて、外枠には打設レベルが記されていました。

写真の白い線を目安にコンクリートを打設します。

型枠から離れた鉄筋には、結束線を使ったマーカーが括り付けられています。

マーカーが隠れるように打設すれば、白い線と同じレベルになります。

前面道路のガス工事も休んで貰います、問題は天気だな・・・。

雨降らないといいなぁー。

あんまり暑いのも、ごめんです・・・。

https://www.assetfor.co.jp 

posted by  Asset Red

住所:東京都練馬区北町2-13-11  

電話:03-3550-1311 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

ただいま、土日勤務のパートさん&現場監督見習いを募集しています。

https://www.assetfor.co.jp/recruit/

上記をご確認ください。

練馬・板橋で注文住宅を建てるならアセットフォーへ資料請求
練馬・板橋で注文住宅を建てるならアセットフォーの見学会へ
  • 練馬・板橋で注文住宅を建てるアセットフォーのFacebook
練馬・板橋で注文住宅を建てるアセットフォーのホームページTOPへ